パタンナーを服飾専門学校で学ぶ

パタンナーになるという夢を叶えるには服飾専門学校に通って一から学ぶことが重要です。

服飾専門学校でどんなことを学べるのかを見て行きましょう。

011167

●パタンナーとは何かということをおさらいする

パタンナーやファッションデザイナーと工場の間を取り持つ重要な仕事をしています。

具体的にはデザイナーから送られてきたデザイン画を、服に仕立てる際に必要な「パターン」と呼ばれる型紙に作り上げるという作業を行っていきます。

工場でどのように裁縫して仕立てあげるのかということにも適切な指示を出さなければならないので、服を作り上げる工程においてパタンナーはまさに不可欠な仕事を担っているといえます。

またパタンナーは大量生産する服を仕立てる人と、一点ものの服を仕上げる仕事をしている人に分かれます。

●パタンナーに必要とされる技術

パタンナーにまず必要とされるのは裁縫する際の正確な技術と理解力です。

デザイン画を具現化するわけですからその画に提示されているものを正確に読み取って形にしなければなりません。

理解力と正確な技術を身につけるにはやはり何度も繰り返しパターンメイキングを行わなければなりません。

そしていちいちデザイナーとメイキング方法が合っているのかを確認し、また工場で作る際に正確な指示を出し続けなければならないわけです。

このような力は才能というより反復練習により身につけられるので量をこなすようにしましょう。

●服飾専門学校で鍛えよう

量をこなすということを具体的に出来る場が服飾専門学校です。

上述したようにパタナーとはデザイナーと縫製工場の間に立って支持を出していく役割です。

正確な理解と技術によるパターンメイキングと適切なディレクションで商品は見違えるほど素晴らしい物になります。

そうやって信頼されるパタンナーになるためには、具体的な裁縫とともにPC上のマスターパターンや縫製試用書が書けるようにならなければなりません。

服飾専門学校の授業ではパターンの識別記号を覚えることから始まり、ファーストパターンや工業用パターンそしてアパレルCADというPCのソフトの使い方などを習得していくことになります。

プロのパタンナーが必ず必要とする知識と技術は服飾専門学校に通えば必ず身につけられます。

●専門学校卒業はスタートライン

服飾専門学校で必要な知識を身につけてもそこは始まりに過ぎず、就職をしてからパタンナーとしての本当の修行が待っています。

つらいことを一緒に乗り越えられる同期生を見つけるためにも服飾専門学校に入学しましょう。